〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町 1-10-3 古城会館7F

吉祥寺駅 北口 電話0422-21-1411

HOME医師紹介医院案内アクセスお問い合わせ

内視鏡検査

モバイルサイト
HOME»  内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

目的

口から内視鏡を挿入して、食道・胃・十二指腸を観察し、炎症・潰瘍・ポリープ・癌等の病気の診断を行います。

検査の流れ

-----【前処置】

1.
咽頭麻酔
嘔吐反射を軽減するために、喉にゼリー状の麻酔薬を数分間含んでいただきます。
その後、咽頭に麻酔薬を噴霧し数分間含んでもらいます。
2.
注射
検査の苦痛を軽減するために、希望者には鎮静剤の投与をする場合もあります。
検査をより施工し易くするために、胃・十二指腸の蠕動運動を抑える薬剤の筋肉注射をする場合があります。

-----【内視鏡の挿入・観察】
内視鏡を口から挿入して、食道・胃・十二指腸を観察します。
検査時間は5~10分程度です。

-----【生検】
検査中に異常が見つかった場合は、その部位より小さな組織片を採取して顕微鏡で観察する必要があります。
これは癌や特別な炎症等の診断に欠かせない検査です。

-----【診断から治療までの迅速な対応】
当クリニックでの内視鏡検査により疾患が発見された場合、専門病院に迅速に紹介します。

※1.
鎮痛剤を使用して受けた場合、以下のことを厳守してください。

  • 検査終了後30分~1時間クリニックで休んでいただきます。
  • 検査当日の車・バイク・自転車等乗り物は、運転できません。
  • 検査当日は、外出、仕事等を控えクリニックから帰宅後も安静にしていてください。
  • 75歳以上の方は、検査当日付き添いが必要です。

※2
検査は経験数豊富な熟練の専門医が行い、また、検査の際は希望される方には鎮静剤を用いて苦痛の無い検査をお受けいただくようにしております。多くの方から、「楽だった」「不安なく受けられた」とご感想をいただいております。
これにより定期的な検査をストレスなく実現し、上部消化管(食道・胃)の癌を含む重大疾患の早期発見、予防に励んでいます。
一人でも多くの方が、痛くない内視鏡検査を定期的に受けて、ご自身の健康管理、疾患の早期発見・予防を実践していただくことを願っています。


※3
最先端の内視鏡機器を整備
当クリニックではオリンパスLUCERA CV-260を用いています。これにより高解像度で鮮明な画像が得られ、特殊光観察が可能となりました。

下部消化管内視鏡検査

目的

肛門から内視鏡を挿入して、肛門・大腸・小腸の一部を観察し、炎症・潰瘍・ポリープ・癌等の病気の診断を行います。

検査の流れ

-----【前処置】

注射
検査開始前に点滴を施工します。
検査に伴う腹痛を抑えるために、鎮静剤を静脈注射します。
検査をより施工し易くするために、胃・十二指腸の蠕動運動を抑える薬剤の筋肉注射をします。
 

-----【内視鏡の挿入・観察】
内視鏡を肛門から挿入して、肛門・大腸・小腸の一部を観察します。
検査時間は15~30分程度です。

-----【生検】
検査中に異常が見つかった場合は、その部位より小さな組織片を採取して顕微鏡で観察する必要があります。
これは癌や特別な炎症等の診断に欠かせない検査です。

-----【診断から治療までの迅速な対応】
当クリニックでの内視鏡検査により疾患が発見された場合、専門病院に迅速に紹介します。

※1.
鎮痛剤を使用しますので、以下のことを厳守してください。

  • 検査終了後30分~1時間クリニックで休んでいただきます。
  • 検査当日の車・バイク・自転車等乗り物は、運転できません。
  • 検査当日は、外出、仕事等を控えクリニックから帰宅後も安静にしていてください。
  • 75歳以上の方は、検査当日付き添いが必要です。

※2
検査は経験数豊富な熟練の専門医が行い、また、検査の際は希望される方には鎮静剤を用いて苦痛の無い検査をお受けいただくようにしております。多くの方から、「楽だった」「不安なく受けられた」とご感想をいただいております。
これにより定期的な検査をストレスなく実現し、下部消化管(大腸・終末回腸)の癌を含む重大疾患の早期発見、予防に励んでいます。
一人でも多くの方が、痛くない内視鏡検査を定期的に受けて、ご自身の健康管理、疾患の早期発見・予防を実践していただくことを願っています。


※3
最先端の内視鏡機器を整備
当クリニックではオリンパスLUCERA CV-260を用いています。これにより高解像度で鮮明な画像が得られ、特殊光観察が可能となりました。